住宅ローンはどうなる

個人再生には、住宅ローン特則というものがあるそうです。
通常、住宅ローンには、住宅そのものに抵当権がついているそうです。
住宅ローンの支払いができなくなると住宅は競売にかけられて、家を失うということになるそうです。
個人再生の住宅ローン特則を利用した場合には、再生計画に合わせて競売を猶予してもらって、返済期間の延長などをしてもらって、住宅を手放さなくてもすむようになるそうです。返済期間の延長をリスケジュールというそうです。
この間も、住宅ローンの返済は続けていく必要はあるそうです。また、原則として住宅ローン自体の減額や利息の減免はないそうです。
他の借金の支払いを減額して、住宅ローンを払うことで自宅を手放さなくてすむようにする手続きとなるそうです。
個人事業主で住宅を店舗兼用にしていると、床面積の2分の1以上が住居である場合には、この手続を利用できるそうです。
住宅ローンの延長は最長10年だそうです。ただ、最終支払が70歳を超えることはできないそうです。
この住宅ローン特則の利用は、債権者の同意というものは必要としないそうです。
ただし、これをきちんと返済していけるかどうか、慎重に考慮しなければならないそうです。
せっかく個人再生をしても、借金地獄が続くようでは、意味がないと思います。
住宅に住宅ローン以外の抵当権がついていると、この手続はできないそうです。
家を手放したくないというのは、誰もが思うことかと思います。
ただ、払えないローンを抱えているよりも、家を手放すという選択肢も考えた方がいいようです。
これは、難しい選択になるかと思います。
こういったときこそ、専門家である弁護士などに相談をして、将来を考えたらいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です